記事一覧

一目均衡表考察

一目均衡表は基準線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパンの5つの線と1つの雲で構成されており、投資家に人気の高いオシレーターの一つである。
 
それぞれの算出方法は、
基準線・・・過去26日間の最高値と最安値の平均値
転換線・・・過去9日間の最高値と最安値の平均値
先行スパン1・・・基準線と転換線の中間値を26日先に表示
先行スパン2・・・52日間の最高値と最安値の平均値を26日先に表示
遅行スパン・・・当日の終値を26日前に表示
雲・・・先行スパン1と先行スパン2の間の面積
となっている。
基準線は過去の平均値であり相場のトレンドの方向性を把握する目安となります。
 
転換線は過去9日間と基準線の過去26日間と比べ短期的なトレンドの方向性を示しており、基準線を転換線が超えてクロスした場合、相場が過熱していることを示します。
 
先行スパン1は基準線と転換線の中間値を26日先に表示していることから相場の戻り目途として意識されやすいです。
 
先行スパン2は52日間と基準線よりも倍の期間の最高値と最安値の平均値を26日先に表示していることから相場の抵抗線として意識されやすい線です。
 
雲は先行スパン1と先行スパン2の間の面積という事で雲上限が戻り目途、雲下限が抵抗線として意識されるため、下から雲を超える際は相場の過熱感が必要となり、上から雲に入っていく際は相場の強い売り圧力が必要となることが多いです。
 
日経225先物において一目均衡表を利用する上でよく利用するのが週足での雲と相場の動きです。上昇相場では雲の上限付近を意識したトレンドが形成されやすく、逆に下落相場では雲の下限を意識した動きとなりやすいため中長期的なトレンド追従型の売買の目安として利用できます。
 
関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Air130

Author:Air130

おすすめチャートツールのご紹介

 

業界最多レベル、 84通貨ペアでグローバルFX!

 

楽天西友ネットスーパー

お勧めワインショップ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

食事での糖質が気になる方へ

免責事項

※投資は自己責任です。          当ブログは個人的見解を掲載してるものであり、売買を推奨するものではありません。

来場者