記事一覧

株式市場4月アノマリーまとめ

・「sell in May」(五月に株を売れ)という相場格言にあるように前月の4月にピークに向けた株価上昇の動きがある。
 
・4月は外国人投資家が買い越しで終わる確率がとてもに高い。
 
・4月のNY株式市場は前月比で上昇する確率がとてもに高い。
 
・4月15日が米国の確定申告期限の為先細った損益通算よりも還付金再投資が上回ることから、株価上昇圧力がかかる。
 
・3月決算をにらんだ「節分天井彼岸底 」で3月中に過度に売られたポジションが4月に回帰してくることによる株価上昇圧力に。
 
・2009年3月には、リーマンショック後の安値7054円を付けた後、4月には買い越しに。売られ過ぎた反動を受けやすいアノマリー月と言える。
 
・2011年3月の東日本大震災にて大幅売り越しの翌4月には買い越し、上記と同様ショック後の反動の影響を受けやすい。
 
関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Air130

Author:Air130

おすすめチャートツールのご紹介

 

業界最多レベル、 84通貨ペアでグローバルFX!

 

楽天西友ネットスーパー

お勧めワインショップ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

食事での糖質が気になる方へ

免責事項

※投資は自己責任です。          当ブログは個人的見解を掲載してるものであり、売買を推奨するものではありません。

来場者