記事一覧

第1回日米規制改革イニシアティブその35

 第1回日米規制改革イニシアティブ

 米国政府による規制改革及びその他の措置

・電気通信

 米国無線市場への参加について米国政府は、米国無線市場における直接投資規制に関して日本政府との対話を継続するとし、この領域における日本の懸念を考慮し、米国法は民間外国法人が、非放送や、非コモンキャリア、または、非航行もしくは非航空固定無線局免許に対する100%までの直接投資を所有することを禁じていないことを説明しました。

 コモンキャリアとは、公衆電気通信サービスを提供する業者のことで、コモンキャリアには、公衆回線とその利用施設を持った第一種電気通信事業者と、第一種電気通信事業者からそれらの設備を借りてサービスを提供する第二種電気通信事業者に分けられ、日本における代表的な企業には、NTTやKDDI、日本テレコムなどがあります。

 外国事業者等の米国市場参入に関する審査基準について米国政府は、米国の認証・免許付与の審査基準の透明性や、国際事業者への支配的事業者規制の適用を含む免許決定への外交政策、通商政策、競争上の懸念の適用に関する日本政府との対話を継続するとしました。

 FCCは、国際サービスに関する規則の2年毎の規制見直しに関し、2000年の見直しの一部として、外国事業者との関連のみを理由として特定の国際通信サービスの提供に関しドミナントに分類される米国の国際事業者が国際サービス契約約款を届け出る義務を撤廃しました。

 州レベルの規制では、米国政府は、免許付与手続と州ごとの規制の調和に関する日本政府の関心を 含む、州レベルの規制について、日本政府との対話を継続するとしました。

 既存地域通信事業者の96年通信法の遵守の観点に関して、FCCは、簡素化と調和された全米の報 告要件(実施基準として知られる)を提言しています。

 1996年の通信法改正において、必要不可欠な施設を独占的に所有している既存地域通信事業者を対象として、ネットワーク構成要素への非差別的アクセス(いわゆるアンバンドリング)が義務づけられました。

 このネットワーク構成要素の開放義務をめぐっては、その後も連邦通信委員会(FCC)と裁判所の間で規則の策定と訴訟・差戻し命令が幾度となく繰り返され、度重なるルールの改正を経ており、長期的な方向性が完全に明瞭になったわけではありません。

 しかしながら、当該ルールに関する考え方の変化が、米国の通信市場の構造に与えた影響は大きく、通信事業者とCATV事業者との間の競争やトリプルプレイ等の新たなサービスの提供の拡大に寄与したものと考えられるとしています。

 トリプルプレーとは、音声通話(固定電話)、データ通信(インターネット)、映像配信(テレビ放送)の三つのサービスを、一つの事業者が同時に提供することで、ブロードバンド回線の普及とVoIPやIPTVなどのIP技術の確立により、従来、別々のインフラを通じて提供されていた三つのサービスの融合が進められました。また、これに携帯電話などの移動体通信を加えたサービスをク゚アドロプルプレーといいます。

 既存事業者のネットワークへのアクセスについて2002年5月、米国最高裁は、既存地域通信事業者のネットワークへのアクセス料金の設定基準として、フォワードルッキングな費用算定方式、すなわち全要素長期増分費用(TELRIC)方式を用いるというFCCの決定を支持しました。

 米国政府は、日本政府に対し、引き続き、米国全土におけるこの算定方式の実施に関する情報を提供するとしています。

 FCCは、州際、商用無線と市内のサービスを包含する統一された事業者間補償制度の導入の実現可能性を探求しているとしました 

 また、商用衛星に係る輸出許可とTAA許可等の処理手続きについて米国政府は、2000年5月に発表した Defense Trade Security Initiative(DTSI)の下で、NATOと日本を含む非NATO同盟諸国向けの商用通信衛星のコンポーネントや技術的データに係る輸出手続が簡素化されたことを説明しました。

 米国政府は、商用衛星の時宜を得た調達に関する日本の懸念を考慮し、商用通信衛星に係る輸出許可とTAA許可等の処理に要する期間を短縮化するよう引き続き努力するとしています。

 TAA(技術援助契約)は、償還の有無にかかわらず非連邦への技術、研究や他のリソースを提供するために、連邦政府の研究所とその研究を可能にする短期契約です。

 通常、知的財産は予期されておらず、このコラボレーションには、連邦研究所へのミッションバリューが必要で、TAAは、相互の目的を達成するために技術的、科学的な専門知識を提供する両当事者とのコラボレーションにもなるとしています。
   ASCII.jpデジタル用語辞典
    デジタル大辞泉(小学館)
   をもとに作成
関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Air130

Author:Air130

おすすめチャートツールのご紹介

 

業界最多レベル、 84通貨ペアでグローバルFX!

 

楽天西友ネットスーパー

お勧めワインショップ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

食事での糖質が気になる方へ

免責事項

※投資は自己責任です。          当ブログは個人的見解を掲載してるものであり、売買を推奨するものではありません。

来場者