記事一覧

第2回日米規制改革イニシアティブその3

 第2回日米規制改革イニシアティブ

・電気通信その3

 携帯着信料金について米国は日本が支配的な無線ネットワークへの競争的な接続料金を確保する日本の電気通信事業法とその2002年の日本の確約に従い、携帯無線着信料金がコストに基づいて設定されているかどうかを評価する客観的で透明な方法を整備し、交渉が失敗した場合仲裁を求められるようにすること、携帯事業者との相互接続を固定事業者が求める場合、携帯事業者が小売料金を設定する自動的な権利を排除することによって競争的中立性を整備することが提言されました。

 また、サービスの質における非差別アンバンドル化が求められる施設において、日本がNTT東西に、サービスの混乱や質の悪化に対応しなければならない期間を明記した、小売顧客へ提供されているものと同様のサービス水準合意(SLA)を、その接続約款に盛り込むことや、卸売り顧客に対し、施設への合理的なアクセスを条件として、施設を自ら保守する選択肢を与えることを提言しました。

 ネットワーク回線端末装置(NCTE)について日本政府は端末装置市場における競争を確保する目的と一貫する形で、1990年のNCTE合意を合理化する選択肢の提案を求められているとし、その際、支配的事業者による公的ネットワークに敷設されたインターフェースへの管理乱用に対するセーフガードを含めるべきであるとしています。

 先進無線技術とサービスを促進するための措置として「e-Japan II」において日本は、電波認証(REID)やワイヤレスLANなどの台頭しつつある無線技術が「ユビキタスネットワーク社会」においてそれぞれが特別な役割を担うであろうことを認識しているとし、日米電気通信作業部会は両国の経験について見解を交換し、台頭しつつある先進無線技術の拡大と利用へ貢献する市場ベースのアプローチを明らかにし、両国の規制過程の相互理解を促進できる時宜を得た機会を提供するとしました。

 また、民間からのインプットでは、米国は、可能であるなら、作業部会が、政府および民間から専門家をゲストスピーカーとして招待し、その見解を聴き、対話を強化することを提案するとしています。

 特区について米国は、2003年6月のWRC合意に従い、日本が特区において5GHz帯における無線アクセスシステムの利用を促進する経験および、そのようなシステムの全国的拡大計画を報告することを提案するとしました。

 また、免許不要の小電力機器への電波分配として日本の柔軟な電波配分の政策目標と一貫する形で、日本政府は小電力機器の免許不要で電波を使用することを望む企業に時宜を得た客観的で透明な手続き過程を確保する措置を、その周波数帯の現在の利用者に対しても十分な配慮をはかりながら、取ることを提案し、総務省はもし十分なデータがない場合、干渉を評価するための更なる検査あるいは試験的プロジェクトを認めるべきであるとしています。

 固定電話発携帯電話着の料金設定に関する紛争を解決するための、電気通信事業法第39条第3項に基づく固定電話事業者からの裁定申請を受け、総務大臣は、電気通信事業紛争処理委員会からの答申を踏まえ、2002年11月、いわゆる直収発携帯ネットワーク着について、当該事業者が利用者料金を設定することが適当である旨の裁定を行いました。

 総務省は、「料金設定の在り方に関する研究会」を開催しており、同研究会では、中継接続(NTT 東西発中継事業者経由携帯ネットワーク着)とIP電話発携帯ネットワーク着の料金設定について、競争や利用者の利益を促進する観点から検討しているとし、同研究会の報告書案に対する意見招請が2003年4月25日より行われているとしています。

 NTTドコモの接続料は、これまで累次大幅に引き下げられてきており、2003年3月に届け出られた NTTドコモの接続料は、前年度と比較して約5%程度引き下げられたとしました。

 第二種指定(移動体系)電気通信設備を有する電気通信事業者は、引き続き、接続約款を総務省に届け出し、公表することが義務付けられるとしています。

 先進的な技術及びサービスの促進として、2003年2月、作業部会は、発展中のIP電話市場における傾向と課題について見解を聴取するために、政府や民間部門の専門家からなるパネルディスカッションを開催しました。

 日米両政府は、進行中の市場の発展に照らし、支配的事業者のネットワークインターフェースのオープン性の原則を維持しつつ、先進的な技術の迅速な展開を妨げることのないよう、ネットワーク回線終端装置(NCTE)に関する1990年の交換書簡の妥当性について2003年度中に意見交換するとし、無線LANを含む先進的な技術の発展とその市場における潜在的な役割に関する情報交換を継続するとしています。
関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Air130

Author:Air130

おすすめチャートツールのご紹介

 

業界最多レベル、 84通貨ペアでグローバルFX!

 

楽天西友ネットスーパー

お勧めワインショップ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

食事での糖質が気になる方へ

免責事項

※投資は自己責任です。          当ブログは個人的見解を掲載してるものであり、売買を推奨するものではありません。

来場者