記事一覧

株式市場1月アノマリーまとめ

・年末に税金対策で損益を確定させた資金が新年に入ってくるため株価の上昇要因に
 
・前年末まで上昇の場合、反動で2月前後まで下落し3月末に向けて配当取りの買いの動きで1月は売られやすい
 
・新年ご祝儀相場として個人投資家の資金が入りやすい
 
・ミューチュアルファンドの決算(前年10月末に多い)までに売られた資金が1月に戻ってくることによる上昇要因
 
・1月14日は上げる確率が高い特異日
 
・欧米では1月が新年度の始まりの為、新たに設定する資金が集まりやすい
 
・毎年1月に株価が上昇する事から名ずけられた「1月効果」の言葉から毎年1月に定期購入する人々からの資金流入
 
・2000年以降は1月は下落しやすく、逆に12月に上昇するケースが多い(ダウも同様)
 
関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Air130

Author:Air130

おすすめチャートツールのご紹介

 

免責事項

※投資は自己責任です。          当ブログは個人的見解を掲載してるものであり、売買を推奨するものではありません。

来場者